1996年/フィンランド


1998年/オーストリア


1999年/ナミビア


2000年/オーストラリア


2002年/インド


2008年/南アフリカ


世界ウルルン滞在記リターンズ。地上波でのウルルンが13年半、リターンズに乗り替わって早4年半、合わせて18年もの間、様々な出会いをお送りして参りました。今回がその最終夜!ウルルンの旅の締めを飾るにふさわしい男と言えば、やはり・・・。

そうです。“ミスターウルルン”こと山本太郎さんです。1996年、ラップランドが最初の旅でした。当時21歳でウルルンと出会った太郎さんは、その後13年かけて世界10カ国、10の家族と出会いました。再会の旅も重ねて交流を深めてきた太郎さん。今回はその旅の総集編、総決算をお送りいたします。

1.フィンランド:太郎21歳 2年後再会 ラップランドでトナカイの遊牧体験 再会の手土産にはなぜかマットレス

2.ペルー:太郎21歳 チチカカ湖のウロス島にホームステイ

3.インドネシア:太郎22歳 1年後再会 イリアンジャヤのダニ族との生活体験 昔からの憧れだったコテカ(ペニスケース)を身に着けることに

4.アメリカ:太郎22歳 ニューヨーク男性バレエ団入門

5.オーストリア
:太郎23歳 ウィーンでお菓子作りに挑戦

6.ナミビア:太郎24歳 2年後再会 ヒンバ族と暮らす 太郎さんの結婚相手までお世話に!?

7.オーストラリア
:太郎25歳 水恐怖症を克服!?男性シンクロに挑戦

8.インド:太郎27歳 ヨガの荒業にも挑戦!

9.メキシコ:太郎32歳 ルチャリブレ(メキシコプロレス)でヒーローに!?

10.南アフリカ
:太郎33歳 サーフィン体験 数々の迷シーン?


山本太郎節、たっぷり、じっくりご覧下さい。
やはり、ウルルンという旅のスタイルを確立したのは、山本太郎さんでした。